WordPress(ワードプレス)に対する開示・削除請求

WordPress(ワードプレス)に対する開示・削除請求 WordPress(ワードプレス)に対する開示・削除請求

WordPress (ワードプレス) は、ブログから高機能なサイトまで作ることができるオープンソースのソフトウェアです。個人ブログから大規模なニュースサイトまで用途はさまざまで、Web 上の40%のサイトが WordPress を使っていると言われています。
https://ja.wordpress.org/

WordPressを管理しているのは、アメリカのカリフォルニア州にある「AUTOMATTIC, INC.」という会社です。

WordPress (ワードプレス) は、ブログから高機能なサイトまで作ることができるオープンソースのソフトウェアです。個人ブログから大規模なニュースサイトまで用途はさまざまで、Web 上の40%のサイトが WordPress を使っていると言われています。
https://ja.wordpress.org/

WordPressを管理しているのは、アメリカのカリフォルニア州にある「AUTOMATTIC, INC.」という会社です。

WordPressへの発信者情報開示請求

WordPressは有料サービスも提供していますので、ブログ管理者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスを保有している可能性があります。その場合は、通常訴訟で開示請求を行うことが可能です。

しかし、ブログ管理者が有料サービスの申し込みをしているか分かりませんので、サーバー管理者と並行して特定手続きをすることになると思います。また、原則通り、仮処分を申し立てて、IPアドレスの開示を求めていくという方法もあります。
具体的な手続きは、本ブログの発信者情報開示請求をご覧ください。

WordPressへの削除請求

「AUTOMATTIC, INC.」は世界的な企業ですので、メールによる問い合わせは可能です。しかし、任意の削除請求には応じていないのが実情です。

そこで、WordPressで誹謗中傷の被害を受けた場合は、WordPressの管理者である「AUTOMATTIC, INC.」に対して、仮処分の申し立てをすることになります。なお、申立てをする裁判所は、基本的には被害者の居住地(会社の場合は本店所在地)を管轄する裁判所となります。

サイト別の誹謗中傷対策

サイト別の誹謗中傷対策

ホストラブ(ホスラブ)、爆サイ、たぬき掲示板、5ちゃんねる、2ちゃんねる、PINKちゃんねる、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Googleマップ、YouYube(ユーチューブ)、Facebook(フェイスブック)、転職会議、カイシャの評判への開示請求、削除請求について、虎ノ門法律特許事務所・弁護士大熊裕司が解説します。