FC2に対する開示・削除請求

FC2に誹謗中傷の書き込みがあり削除したい場合の対応方法について紹介します。

FC2は、アメリカのネバダ州に所在する法人で、レンタルサーバ、ドメイン、ブログ、チャット、アクセス解析、掲示板、日記、アクセスカウンタ、SNSなど、日本語を始め様々な言語で無料・有料の各種ウェブサービスを提供しております。

FC2を管理しているのは、アメリカのネバダ州にある「FC2, Inc.」という会社です。

FC2への発信者情報開示請求

FC2を利用したビジネスが広く行われていますので、FC2が契約者の氏名、住所、メールアドレスを保有している可能性があります。その場合は、通常訴訟で開示請求を行うことが可能です。

しかし、FC2が契約者の氏名等を把握しているかは外部からは分かりませんので、原則通り、仮処分を申し立てて、IPアドレス、タイムスタンプの開示を求めていくのが通常です。なお、申立てをする裁判所は、東京地方裁判所となります。
具体的な手続きは、本ブログの発信者情報開示請求とプロバイダ責任制限法をご覧ください。

FC2への削除請求

FC2は、メールによる削除請求も受け付けています。しかし、任意の削除請求に応じてもらえない場合は、仮処分の申し立てを行うことになります。

なお、申立てをする裁判所は、基本的には被害者の居住地(会社の場合は本店所在地)を管轄する裁判所となります。

「FC2, Inc.」の資格証明書

発信者情報・削除の仮処分を申し立てるには、「FC2, Inc.」の資格証明書が必要です。ネバダ州では、メールにより資格証明書の入手が可能となっています。

お問い合わせはこちら(全国対応) 虎ノ門法律特許事務所

弁護士 大熊 裕司

誹謗中傷の被害にお悩みの方、誹謗中傷と捉えられてしまう投稿を行なってしまいお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください。全国からのお問い合わせに対応しております。

お問い合わせは無料です。お問い合わせの際に、誹謗中傷されている掲示板URLと該当レス番号もお伝えください。

LINEお問い合わせ
電話でのお問い合わせ
電話対応時間 平日 午前9時~午後9時、土日祝 午前9時〜午後6時
メール・お問い合わせフォームでのお問い合わせ

▼ 料金について

相談料

30分 5,500円になります。
発信者本人(加害者)の方からのご相談にも応じます。
なお、法律相談後、事件を受任するに至った場合は、法律相談料は不要です。

ネット書込み削除、書込み者特定の費用

投稿記事の任意削除

基本料金:3万円(税抜)~
※サイトや削除件数によって料金が異なります。

仮処分(投稿記事削除、IPアドレスの開示)

【着手金】 22万円~
【報酬金】0円

発信者情報開示請求訴訟(書込み者の氏名、住所の開示)

【着手金】22万円~
【報酬金】0円

書込み者に対する損害賠償請求

【示談交渉の場合】
・着手金:11万円~
・報酬金:11~17.6%

【訴訟の場合】
・着手金:11万円~
・報酬金:11~17.6%

お支払方法について

分割払いご希望の方はご相談下さい。

弁護士保険を使うことで、着手金が不要なケースもございますのでご相談下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事