ホストラブ(ホスラブ)に対する開示・削除請求

ホストラブ(ホスラブ)に対する開示・削除請求 ホストラブ(ホスラブ)に対する開示・削除請求

ホストラブ(ホスラブ)とは

ホストラブ(一般には「ホスラブ」といいます)(http://www.hostlove.com/)は2001年にスタートした夜業界(風俗店など)に関する情報交換サイトです。掲示板をメインとし、会員登録不要でのコミュニケーションが可能となっています。
スタート当時はホストクラブに特化したサイトとしてスタートしましたが、その後、ホストクラブに留まらず、派生して水商売全般、風俗業界全般、雑談等、業界に関わる方の興味のある話題全ての「業界全体の為のコミュニティーサイト」として成長しました。
現在では関東、北海道、東北、東海、九州地方を中心に1ヶ月の閲覧数が200万人を超え、2014年度には新たに47都道府県全ての地域の業界板が設立されています。

源氏名での誹謗中傷

ホストラブでは、源氏名で誹謗中傷されているケースが多いといえます。裁判実務上、源氏名でも同定可能性(特定性)が認められれば、名誉毀損などの権利侵害は成立しするとされています。同定可能性を証明する方法としては、お店の名刺、給与明細、ホームページのプロフィール画像、従業員名簿、陳述書などにより証明することになります。
顔出ししていなくても、大丈夫な場合が多いです。

風俗店などでは、本名ではなく源氏名で仕事をするのが通常であり、お客も店員も本名ではなく、源氏名でキャスト、コンパニオン、ホストを特定しており、同じ店舗内に同じ源氏名のキャストなどは存在しませんので、上記の証拠があれば同定可能性は認められやすいといえます。

ホストラブ(ホスラブ)への発信者情報開示請求

ホストラブ(ホスラブ)における誹謗中傷のご相談も多数寄せられております。ホスラブの管理会社にIPアドレス、タイムスタンプの開示を求め、IPアドレス、タイムスタンプが開示された後、経由プロバイダ(携帯電話会社など)に対し、投稿者(契約者)の氏名、住所、メールアドレスの開示を請求します。

虎ノ門法律特許事務所は、全国からホストラブ(ホスラブ)に対する発信者情報開示請求のご依頼を多数受けており、実績が豊富で速やかな対応が可能となっております。企業(店舗)の方も個人の方も、ホスラブでの誹謗中傷でお困りの場合は、ご遠慮なさらずお問合せ下さい。
ご希望により、即日対応も承っております。

削除された投稿記事の発信者情報開示

ホストラブでは「削除用パスワード」を設定して投稿すると、投稿後投稿者自ら削除できるシステムになっています。したがって、対象者を誹謗中傷した記事を投稿した後、しばらく経過してから当該記事を削除するケースも見られます。
このような場合でも、ホストラブはIPアドレスやタイムスタンプなどの発信者情報を保有しているため、投稿記事のスクリーンショットなどが保存さていれば、開示請求は可能です。

ホストラブ(ホスラブ)への削除請求

ホストラブ(ホスラブ)で誹謗中傷記事が書き込まれた場合、ホストラブ(ホスラブ)に直接権利侵害の理由を説明して、削除を求めます。ここでは、どのような法的根拠に基づいて削除を求めるかを具体的に説明する必要があります。源氏名や伏せ字を用いた誹謗中傷記事の場合でも、被害者本人であるという特定ができれば、削除請求も可能です。
なお、スレッドごとの削除にも対応できる場合がありますので、ご相談下さい。

ホストラブ(ホスラブ)への削除請求にあたっての注意

ホストラブには削除依頼フォームがありますが、削除依頼フォームから依頼した削除請求はすべて公開されるシステムになっています。したがいまして、被害者の方が削除請求をしたことが広く公開されるため、二次被害が生じる可能性があります。

そのため、下記「2ちゃんねる」と同様、削除依頼フォームを通じた削除依頼にはリスクがありますので、専門の弁護士に依頼するのが安全です。

加害者への損害賠償

ホスラブでの誹謗中傷を行う人は、お店の同僚やお客さんであることが多いです。
お店の同僚に対して書き込みをするのは、ライバルを蹴落としたいとか、何となく気に食わなかったからという理由が多いようです。
お客さんが書き込むというのは、キャバクラでもホストクラブでも、よくあります。お客さんの中には、高価なボトルを入れたりして、太客としてお金をたくさん使う人もいますが、交際関係になることは少ないため、色恋営業をされた、騙されたと思って、キャストの誹謗中傷を書いてしまうようです。

キャバクラ嬢の場合は、「ホストクラブに通っている」「店長と同棲している」などと書かれることが多いです。ホストの場合も、「風俗嬢のAと同棲している」などと書かれます。
また、クラブやホストクラブに多いですが、お客さんの個人名を出して書き込まれることもあります。お客さんとしては、自分の名前が書き込まれればお店に行きにくくなりますから、やはり営業妨害を狙った書き込みと言わざるを得ません。

その他、損害賠償に関しては、こちらをご確認ください。
https://meiyokison.toranomon-law.jp/songaibaisyou/

サイト別の誹謗中傷対策

サイト別の誹謗中傷対策

ホストラブ(ホスラブ)、爆サイ、たぬき掲示板、5ちゃんねる、2ちゃんねる、PINKちゃんねる、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Googleマップ、YouYube(ユーチューブ)、Facebook(フェイスブック)、転職会議、カイシャの評判への開示請求、削除請求について、虎ノ門法律特許事務所・弁護士大熊裕司が解説します。