Instagram(インスタグラム)に対する開示・削除請求

Instagram(インスタグラム)に対する開示・削除請求 Instagram(インスタグラム)に対する開示・削除請求

Instagram(https://www.instagram.com/)とは、Facebook, Incが提供している無料の写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービスです。利用規約にもFacebook, Incのサービスであることが規定されており、実務上もFacebook, Incを相手方として、発信者情報開示請求や削除請求を行っております。

Instagram(インスタグラム)への発信者情報開示請求

Instagram(Facebook, Inc)が保有している発信者情報は、ログイン時IPアドレスとタイムスタンプとなります。
しかし、上記のとおり、Instagramが任意に発信者情報を開示することはありません。Instagramが任意に開示請求に応じることはないことから、裁判所に仮処分命令の申立てを行います。なお、管轄裁判所は、東京地方裁判所になります。

Instagramからログイン時IPアドレスとタイムスタンプが開示された後、経由プロバイダ(携帯電話会社など)が判明しますので(複数のプロバイダである可能性もあります)、各プロバイダに投稿者(契約者)の氏名、住所などの開示を請求します。
具体的な手続きは、本ブログの発信者情報開示請求をご覧ください。

Instagram(インスタグラム)が保有している情報

Instagram(インスタグラム)のアカウント作成時に、登録する個人情報は、電子メールアドレス及び電話番号があり得ます。電子メールアドレスの登録は必須ですので、Instagramが電子メールを保有していることは明らかですが、電話番号の登録は必須ではありません

したがいまして、Instagram(Facebook, Inc)に対して、発信者情報開示請求訴訟を提起したとしても、必ずしも電話番号の開示が得られるわけではありません。また、電子メールアドレスの開示を得たとしても、フリーメールアドレスを登録していることが多いので、電子メールアドレスから投稿者の特定に至ることも少ないと思われます。

このような事情から、Instagram(インスタグラム)の開示請求では、ログイン時IPアドレスとタイムスタンプの開示を得て、経由プロバイダに対する氏名、住所等の開示請求へと進める形がスタンダードだと思います。

Instagram(インスタグラム)への削除請求

Instagramには、多数の誹謗中傷が書込まれています。フォームから削除依頼をすることは可能ですが、Instagramは簡単には削除に応じてくれない状況です。
しかし、Instagramは、裁判所による仮処分決定がなされれば、削除に応じる姿勢をとっています。なお、申立てをする裁判所は、基本的には被害者の居住地(会社の場合は本店所在地)を管轄する裁判所となります。

発信者情報開示請求のみでもアカウントが凍結されることがある

上記のとおり、発信者情報開示請求は東京地方裁判所が管轄裁判所となり、削除請求は基本的には被害者の居住地(会社の場合は本店所在地)を管轄する裁判所となります。
そのため、東京都内に居住している人、東京都内に本店所在地を置いている法人以外は、開示請求と削除請求とで別々の裁判所に仮処分を申し立てtる必要があります。

しかし、ケースによっては、開示請求が認められた場合には、インスタグラム(フェイスブック社)の判断で、利用規約に反するとして、アカウントが凍結されるなどして閲覧できなくなることもあります。あくまでもフェイスブック社の判断ですので、申立てをする側からは、何とも断定できないところですが、アカウントそのものに問題があると判断される場合は、開示請求のみで削除が実現できる事案もあります。

写真(画像)に対するコメントが問題となる

インスタグラムは、「インスタ映え」という言葉があるように、写真(画像)を投稿するケースが多いと思います。写真(画像)の投稿だけならば、名誉毀損等が成立することはあまりありません。名誉毀損等が成立するとしたら、写真(画像)の投稿に付したコメントが名誉毀損に該当する場合が多いと思います。なお、投稿した写真(画像)自体に、名誉毀損的な文章が書き加えられている場合は、写真(画像)と一体となった文章が名誉毀損等の対象となります。
コメントが投稿されるのは、自分で投稿した写真(画像)に対して自分でコメントを投稿する場合と、他人のアカウントで投稿された写真(画像)に対して、コメントを投稿する場合があります。
いずれにしても、投稿した者のアカウントは表示されますので、当該アカウントに関して、発信者情報開示請求や削除請求を行うことになります。

投稿日は日本時間で表示されていますので、スクリーンショットやPDF化することで、早急に証拠保全を図る必要があります。インスタグラムのようにログイン型のSNSの発信者情報開示請求では、投稿日が重要な意味を有しています。
SNSにおける発信者情報開示請求

ストーリーズによる誹謗中傷

インスタグラムでは、ストーリーズによる誹謗中傷も発生します。ストーリーズとは、写真・動画の投稿、ライブ配信ができるサービスで、投稿もライブ配信もそれぞれ投稿後又は配信終了後24時間以内に消滅します。通常のインスタグラムのタイムラインとは別に、画面上部のストーリートレイに表示されます。

上記のとおり、ストーリーズは投稿後又は配信終了後24時間以内に消滅するサービスですので、タイムラインでの投稿に比べ、証拠保全が面倒で困難です。場合によっては、ストーリーズに気付く前に消滅しているかもしれません。

上記のように、ストーリーズを証拠として保存するのは困難な一面もありますが、発信者情報開示請求を行う場合には、ストーリーズを保存して、名誉毀損等が成立することを明らかにする必要があります。ストーリーズの保存方法については様々な方法があると思いますが、インターネット上で保存方法を確認して分かりやすい説明を参考にしてみてください。
一応、インターネットで上位に検索された解説サイトをご紹介しておきます。
インスタグラムのストーリーの保存方法

サイト別の誹謗中傷対策

サイト別の誹謗中傷対策

ホストラブ(ホスラブ)、爆サイ、たぬき掲示板、5ちゃんねる、2ちゃんねる、PINKちゃんねる、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Googleマップ、YouYube(ユーチューブ)、Facebook(フェイスブック)、転職会議、カイシャの評判への開示請求、削除請求について、虎ノ門法律特許事務所・弁護士大熊裕司が解説します。